たぬちゃんの怠惰な日常

老後逃げ切り生活をめざしつつジョジョも好き

【メルカリ】売りにくいもの、梱包しにくいものが売れました

なかなか売りにくいものが売れ、よかったですが、梱包が難しかったです。

 

義理の妹が10数年前にくれた、観葉植物の鉢カバー。

ここでは「植木鉢」と分かりやすく呼びます。

 

アイボリーで、アンティーク調、植物レリーフでいい感じ。

 

 

なぜ売るのが難しいかというと。

まず、古い。15年くらいって、中途半端です。

そしてアンティーク調の加工がされているので、ひびやくぼみがわざとつけられているのです。

 

…それ、壊れてんじゃね?

 

と思われるような代物で。

 

また、四角錐を反対にして、てっぺんを切った感じの形なので、底面が小さい。

味付け海苔の容器のフタくらいの面積。分かるかな?分かんねーだろうなあ…。

 

しかし、捨てるとなると、大型ごみで500〜1000円かかるのですよ…。

 

わたしは古いものは好きなのですが、家が狭いし、使いこなせないので、ずっとしまったままでした。

 

なので、メルカリに出すことに。

ジョンガリ・Aグッズを買う以外にも、この植木鉢を手放すためにメルカリを始めました。

 

最初はいつもどおり、商品の特徴をわかりやすく写真に書きました。

ぼちぼち見に来てくれるけど、なかなか売れない。それどころか「いいね」もつかない。

 

このままでは、売れないな…と思い、You Tubeで売れるコツを探しました。

 

王道の、表紙の写真を変えてみました。

 

商品の撮影は、ベランダで行い、より明るく優しい感じに写しました。

 

シャビーシック(古くて上品な感じ)が好きな人にささるように、商品の特徴の文字はやめ、雑誌の表紙のように、"SHABBY CHIC"と、濃いめのグレーで書きました。

 

SHABBY CHICてよく知らなかったけど書きました(笑)

具体的に言うと、古くて白くてはげたもの…あ、わたしも好きだわ。

 

これが良かったのか、いいねが3つ付き、しばらくして売れました。

マニアックなものは、表紙の雰囲気も大事なんですね。

 

購入者は、業者並みにアンティーク調の家具を売っている人でした…。

業者系はちょっとドキドキするなあ。

前に受取評価してくれなかったからなあ…(違う人ですが)。

 

さて、梱包。これがなかなか難儀でしたね。

割れないよう、欠けないようにするのは、なかなかのプレッシャー。

 

植木鉢の梱包・焼きそばカップはポリ袋の中に入れた気がする。


プチプチも、広い面積が必要で。

一重では不安なので、二重に。

養生テープで抑えるのも、どこを貼るのが正解がよく分からず。

 

新聞紙で、さらに鉢の中をを埋めました。

上部の角は、欠けるのが心配なので、さらにダンボールの切れ端を四隅に貼って守りました。

 

焼きそばの四角いカップを2度洗ったあと、重曹水につけて、消臭も行い、鉢底にあてました。

 

発泡スチロール的に衝撃から守ってくれそうなので。

 

そのあと、大きなポリ袋に全体を入れました。

 

あとは、ダンボールの底に、新聞をくしゃっとしてしき、鉢を入れて、横、上も新聞を詰めました。

 

これでおそらく割れないと思います。

 

ちなみに、新聞にこだわりがあったらいけないので、朝日新聞と読売新聞の両方を入れました。

たまたまあったのですよ。

毎日新聞とかスポーツ新聞は持ってなかったです。

 

ダンボールの必要ない場所に、テープを貼りまくらないほうがいいと聞き、また、底の角は配達員が滑らないように、わざとテープは貼りませんでした。

 

ヤマト営業所に持ち込み、「割れ物注意」、「上に荷物を置かないで」、「天地無用」のシールを貼ってもらいました。

 

絶対大丈夫、ということは世の中になかなかありませんが、かなり安全に届けられるのではないかと思っています。

 

ドキドキしますが。

 

これ以外にも、カトラリーセットとブランケットの2組売れて、これもカトラリーセットの箱が潰れないようにするため、悪戦苦闘しましたが、なんとかゆうパケットポストで送れました。

 

梱包というのは、奥が深い。

 

ではでは、ご覧いただき、ありがとうございました!

 

(この情報は、2022年11月16日のものです)

 

追記

その後、植木鉢は無事に届きました。

よかった…。

受取評価もすばやくしてもらえました!

ありがとうございますm(_ _)m